Bistro オーブントースター/Panasonic 商品紹介&購入レビュー

皆さんこんにちは。うりです。

最近、バルミューダやアラジンなどの高級トースターが話題になっていますよね。

そんな中、2021年2月にパナソニック Bistroシリーズからも、高級オーブントースター「NT -D700」が発売されました。

以前から我が家でも高級オーブントースターを買おうと検討しており、バルミューダとパナソニックで悩んでいたのですが、パナソニックのオーブントースターに決めました。

なので今回はこの商品の紹介や購入後の使用レビューを書いていきます。

ちなみにパナソニックを選んだ理由としては、2年ほど前からパナソニック Bistroシリーズのオーブンレンジを使用しており、使い心地がとても気に入っているからです。

この記事はこんな方におすすめ

  • 高級オーブントースターが欲しい方
  • パナソニック ビストロ オーブントースター NT-D700 の使い心地が気になる方
  • オーブントースターはいらないよと考えている方
目次

商品紹介

ではまず今回購入した商品について紹介します。

基本情報

  • 商品名   :オーブントースター ビストロ NT-D700
  • メーカー  :Panasonic(パナソニック)
  • 外寸    :34.1 × 32.8 × 26.9(cm)
  • 重さ    :約4.3kg
  • トースト枚数:2枚
  • 値段    :オープン価格(税別25,000円前後)

高級生食パン専門店「乃が美」推奨かつ、日経トレンディにて「2021年上半期ヒット大賞 家電部門」を受賞したほど名実ともにあるオーブントースター。

黒を基調にしたシンプル&お洒落なデザインに、冷凍食パン・厚切り食パンの中までしっかりと焼き上げることができるほど、高性能な機能が備わっています。

食パン以外にも、焼き芋やお餅、グラタンなど、様々な調理に使用できるのも魅力です。

★ビストロ NT-D700 公式HPのURLはこちら↓

★ビストロ NT-D700 詳細スペックのURLはこちら↓

トーストメニュー

「オーブントースター」と聞くと、食パンを焼くための家電だと想像する方が多いのではないでしょうか。

このビストロ NT-D700 では、食パンを美味しく焼く機能以外にも、フランスパンやアレンジトーストを焼くメニュー、ピザや焼きいも、お餅、揚げ物を焼くメニューなど、15種類のオートメニューが搭載されています。

特におすすめなのが、「焼きいも」のオートメニュー。通常の焼き芋と「じっくり焼きいも」という2パターンのオートメニューがあり、さつまいもの品種によって使い分けることができるというこだわりっぷりです。

最近巷でも「焼き芋屋さん」が増えてきているほど、焼き芋ブームか来つつあります。家でもオートメニューで簡単に美味しい焼き芋が作れるのは嬉しい機能ですね。

また、オートメニューの他に、手動でオーブン調理もすることができます。公式HPにグラタンやグリル野菜、クラフティのレシピが載っているので、興味のある方は確認してみてください。

購入レビュー

記念すべき1回目の調理として、クロワッサンを焼いてみました。「食パンじゃないんかい!」というツッコミは遠慮願います。笑

商品到着、開封、設置

今回はAmazonで購入したのですが、下のようなダンボールに包まれた状態で届きました。緩衝材と一緒に入っているため、箱は少し大きめですが、持った感じは軽いです。実店舗で買っても、余裕で持ち帰られる程度。

ただ、現在生産が追いついていないほど人気商品であるため、都内の家電量販店を何店舗か見てみましたが、どこも入荷待ちとなっていました。買うならAmazonや楽天市場などのネットショップがおすすめです。

以前から使用している、ビストロ オーブンレンジの上に置きました。ちなみに使用している棚は、山崎実業 towerシリーズのレンジラックです。こちらもシンプルで機能的なのでおすすめ。買って良かったtowerシリーズの商品を下記の記事にまとめているので、興味のある方はチェック!

中はこのような形になっています。トーストが2枚入るサイズ感ですが、奥行きが広いのが特徴です。オートメニューに「チルドピザ」とあるように、ピザが丸々1枚入るような作りになっています。

付属品としては、受け皿ともち焼き網がついています。パンは焼くとパンくずがポロポロと落ちて、お手入れが何かと大変になりますよね。受け皿がついていることで、お手入れの手間を省くことができます。お手入れが苦手な方、お手入れにあまり時間が取れない方にも優しい設計ですね。

クロワッサンを焼いてみた

オートメニュー「クロワッサン」を使用し、パン屋さんで購入したクロワッサンを焼いてみました。

焼いている段階で確実に美味しい香りが。待ちきれずにずっとオーブントースターの前に待機していました。

焼く前は冷えていてしっとりとしていたのですが、焼き終わると外側がパリパリしていて驚きました。

食べてみると、中までしっかりと温まっていて、外はパリパリ、中はもちふわっとした食感が。焼きたてだっけ?と勘違いするほど美味しくて感動しました。

ビストロ オーブンレンジ との違い

ビストロ オーブントースターを購入する前は、同じくビストロシリーズのオーブンレンジを使用し、パンを焼いて食べていました。

もちろん、ビストロ オーブンレンジもスペックの高い商品であるため、美味しくパンが焼けるし、それに満足していました。

しかし、今回トースト機能に特化した ビストロ オーブントースター を購入し実際に使ってみると、今まで食べていたパンは何だったんだ・・・?と思うほど、焼き上がりに違いがありました。

トーストにこだわって作られている商品なだけあり、パンがすごく美味しく焼けます。1度 ビストロ オーブントースター で焼いたパンを食べたら、オーブンレンジで焼いたパンは食べたくない!と思うのではないでしょうか。

まとめ

今回はパナソニックから新しく発売された Bistro オーブントースター NT-D700 について紹介しました。

トースターは安いものだと5,000円以下で買えますが、毎日使うからこそ「いいもの」を使うことで、より美味しいものが食べられ、毎日ハッピーに過ごすことができるのではないでしょうか。

「オーブンレンジにトースト機能がついているから、オーブントースターはいらないよ!」と考えている方もいると思いますが、「トースト」機能にこだわりを持って作られている分、オーブンレンジで焼くパンの食べ心地とは段違いに美味しさが違います。もちろん、安物のとースターとも。

皆さんも、パンを美味しく焼いてくれるオーブントースターを、自宅で使ってみませんか。

SHARE

この記事を書いた人

20代後半
国立大学/大学院を修了(理系)
IT系の企業でのんびり働き中
無趣味のため最近ブログを書き始めた

コメント

コメントする

目次
閉じる