おしゃれ&履き心地抜群のおすすめのルームシューズ BIRKENSTOCK/Amsterdam

うり

こんにちは。うりです。

皆さんは部屋でルームシューズを履いていますか?

私は今まで部屋の中で履き物をするのが苦手で、ユニクロや無印でスリッパを買っては、数回履いて放置する(そして旦那に怒られる…笑)を繰り返してきました。

そこで、普段から仕事用・休日用の靴を買っている「BIRKENSTOCK」というお店で、部屋用のルームシューズを購入したところ、履きやすい!むしろずっと履いていたい!と思ったので、今回はこの商品の紹介をしていきます。

この記事はこんな方におすすめ

  • ルームシューズにこだわりたい人
  • おしゃれなルームシューズが欲しい人
  • 高品質で履き心地のにもこだわりたい人
目次

ルームシューズを履くメリット

そもそもルームシューズを履くようになった理由を考えたことがありますか。

実は、ルームシューズの発祥は日本なのです!日本では玄関で靴を脱いで部屋に入ることが当たり前ですが、海外では室内でも靴を履いていることが一般的です。日本の建物は畳など靴を脱いで上がることが前提で設計されているため、海外の方が土足で家に入ると掃除が大変になります。

このような文化の違いに対応するため、海外との交流が盛んになった明治時代に、玄関で靴を覆うように履く「スリッパ」が考案されました。

元々は文化の違う海外の方のために作られたルームシューズですが、今では日本全体に室内で履く文化が浸透しています。一体、ルームシューズを履くメリットとは何なのでしょうか。

保温面

ルームシューズを履くメリットの1つに、「暖かい」というものがあります。

最近はフローリングの床が増えているため、特に冬場は足元がひんやりしますよね。足元が冷えると体全体が冷えてしまいますが、ルームシューズを履くことで床の冷たさを緩和することができます。

特に女性は体が冷えやすいので、冷え性の方や体調を崩しやすい方には大きなメリットがあるでしょう。

衛生面

保温面の他に、衛生面の観点でもメリットがあります。

足の裏には皮脂や汗が大量に付着しています。そのため、素足で部屋の中を歩き回ると床に汚れを塗り広げていることになります。また、靴を履いて外を歩いた後には、特に足の裏に汚れがついています。

家の中の汚れを抑えるという意味でも、ルームシューズを履くことに大きなメリットがありますね。

安全面

さらに、安全面の観点でもメリットがあります。

素足で部屋の中を歩いていると、落ちているものを踏んで怪我をしたり、扉や本棚の角に小指をぶつけて痛〜〜い思いをしたりしますよね。

ルームシューズを履いていると、落ちているものを踏んでも怪我をしませんし、小指をぶつけてもそこまで痛くありません。これも、大きなメリットですね。

ルームシューズにおすすめ!BIRKENSTOCK / Amsterdam

ルームシューズを履くメリットを理解したところで、私おすすめのルームシューズを紹介していきます。

その前に、「BIRKENSTOCK」という靴屋さんについて、軽く紹介しますね。

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)とは

BIRKENSTOCKは、1774年にドイツで誕生した靴屋さんです。世界の靴ブランドトップ5に入るほど、世界的に人気があります。

また、今ではどの靴にも備わっているフットベッド(中敷)を産んだ会社でもあります。

ビルケンシュトックのフットベットは快適な履き心地を実現するため足の医学に基づいて設計されており、足の健康を促進する機能も兼ね備えております。

もっと詳しく知りたい方は、BIRKENSTOCKのサイトのURLを貼っておくので、こちらからご確認ください!

ビルケンシュトックアムステルダム商品詳細

  • サイズ    :22.5cm(EU 35) 〜 30.0cm(EU 46)
  • カラー    :ライトグレー / アンスラジット
  • アッパー素材 :合成フェルト
  • 中敷素材   :マイクロファイバー
  • フットベッド :コルク
  • アウターソール:EVA
  • 生産国    :ドイツ
  • 値段     :9,350円(税込)

ビルケンシュトックアムステルダムイメージ

私が持っているのは、「アンスラジット」カラーのものです。チャコールグレーなのでどんな服装にも合いますし、足元が暗い色だと全体が締まって見えるのも嬉しいところ。

靴底はこんな感じ(↓)。EVA(エチレン酢酸ビニル)素材なので、とても軽く柔軟性があります。

ルームシューズとして使われることを想定したアムステルダムシリーズでは、通常の外履き用のビルケンシュトックの商品と靴底の形状が若干異なります。フローリングなどを傷つけにくいように外履き用の商品より柔らかくまた溝が浅く作られております。

外履き用の商品に似たような形状のものもありますが、ルームシューズ用として使う場合はアムステルダムを選んだ方が良さそうですね。

ビルケンシュトック商品のサイズ表記について

ビルケンシュトックの商品のサイズ表記はcm表記ではないため初めて購入される方には少しわかりにくかもしれません。

サイズ表記と見慣れたcm表記の比較は下記公式サイトにありますのでこちらを参照してください。

お手入れ方法

アッパー素材が合成フェルトなので、しばらく使っていると毛玉ができることがあります。毛玉ができた場合は、1つ1つ丁寧にハサミでカットしてください。

また、キッチンや洗面台で作業をするときに、水などが飛び散ることがありますので、買ったタイミングで防水スプレーをかけることをおすすめします。

私の使っている防水スプレーはこちら↓

BIRKENSTOCK / Amsterdamのおすすめポイント

なんといっても「履き心地が抜群」なのが1番のおすすめポイントです!

BIRKENSTOCKはフットベッド発祥のブランドということもあり、中敷の良さ、つまり履き心地の良さが他のブランドより優れています。

中敷がコルク素材でできているため、履き続けていくと自分の足の裏の形にフィットしていきます。そのため、長く履けば履くほど自分の足の形にぴったりと合う靴になっていくのです!

1度BIRKENSTOCKの靴を履いたら、履き心地の良さに感動すること間違いなし。

おまけ

ルームシューズとして、BIRKENSTOCKのAmsterdamを紹介しましたが、私の持っている他のBIRKENSTOCKの靴を紹介します。

BIRKENSTOCK / London

こちらは、BIRKENSTOCKの定番であるBostonというスリッポンタイプの靴の、かかとが覆われたタイプのものです。

レザーで作られているため、経年変化が楽しめます。また指周りが広いデザインのため、比較的ゆったりと履くことができます。

BIRKENSTOCK / Montana

こちらは靴の指側とかかと側でシームレスになっているデザインのもの。

見た目がおしゃれなので気に入っています。こちらも指周りが比較的広いデザインのため、ゆったりと履けます。

BIRKENSTOCK / Laramie Low

高級感・上品さ漂うデザイン。

私はこの種類のブラックを、仕事用の靴として使っています。上で紹介した2つに比べて、指周りが狭いデザインのため、普段履いている靴のサイズより1つ大きいサイズを購入するのがおすすめです。

BIRKENSTOCK / Zurich

女性にも男性にも人気なモデル。

シューズの安定感とサンダルの軽やかさの両方が楽しめます。夏に素足で履くのも可愛いし、春や秋に靴下と合わせて履くのも可愛いです。

SHARE

この記事を書いた人

20代後半
国立大学/大学院を修了(理系)
IT系の企業でのんびり働き中
無趣味のため最近ブログを書き始めた

コメント

コメントする

目次
閉じる